アーティスティックなVisit Siteへようこそ

2014年2月17日

引っ越し後に必要な手続きや作業などについて

カテゴリー: 未分類 — tuboi osamu @ 5:37 PM

新しい家に足を踏み入れる瞬間は、何とも言えない高揚感がありますよね。新しい環境でスタートする新しい生活。不安と期待の入り混じり、胸がいっぱいになるかと思います。しかし、そんな余韻に浸れないほど、新居に入った瞬間から仕事は山積みです。

部屋の中にそびえる段ボールを開封したり、足りないものを購入したりと、やるべき事は沢山あるのです。そんな引っ越し後の作業で、一番先に手を付けたいのは間違いなくライフラインである、水道・電気・ガスの開栓です。これが無いと、いくら部屋が片付いても生活は出来ませんよね。といっても、ほとんどの場合は水道と電気は既に使える状況にあるかと思います。

手を加えるとすれば、電気のブレーカーをオンにすることぐらいでしょうか。賃貸の場合は、部屋に備え付けの書類に記入して後日ポストに投函すれば、開栓の手続きは完了します。しかし、そうもいかないのがガスの開栓です。

水道や電気と違い、ガスの開栓には立会いが必要となるのです。そのため、ガス会社に連絡をし開栓に来ていただく日時を決めなければなりません。特に、引っ越しシーズン真っ最中は、引っ越し業者さんだけでなくガス会社も混み合うものです。

当日にお願いをしても、すぐに駆けつけてくれない場合が予想されます。そうなれば、お風呂に入れない等の不便にも繋がるので、引っ越しの日時が決まれば先に連絡するのが間違いないでしょう。新しい生活をスムーズにスタートさせるためには、引っ越し前に準備するのが得策ですね。

【おすすめ】→スマイル引越センターの口コミページ(私も2回利用したことがありますし、かなり丁寧に作業してくれます。)

2014年1月22日

一昔前にはやった東京ラブストーリー

カテゴリー: 未分類 — tuboi osamu @ 2:50 PM
私が今まで見た中で一番印象が残っているのは東京ラブストーリーです。
当時大人気だった織田裕二と鈴木保奈美がトレンチコートを着てドラマに出ている姿を見て、自分もいつか素敵なトレンチコートが似合うようになりたいと、考えたものでした。
また、鈴木保奈美のサラサラのストレートヘアも魅力的で、ストレートパーマが流行したものでした。
また、有森也実演じる家庭的な関口さとみと、鈴木保奈美演じる元気で積極的な赤名リカの対照的な人物像もドラマを引き立て、織田裕二演じるカンチのイライラするほどの優柔不断さが、さらに面白くさせていたように思います。
当時の人気俳優が出ていたこともあり、視覚的にも憧れるドラマでしたし、会社勤めの設定で、わりと親近感が持てる内容だったこともあり、今でも印象に残っているドラマです。
また、赤名リカの生き生きとした姿や、仕事も恋も頑張る女性像は、働く女性にとってあこがれる存在でもありました。
ドラマのシーンなどがよくTVで取り上げられたり、お笑い芸人が、カンチやリカをまねたりと、視聴率も高く、1年ほど続いた、皆が知るドラマでした。
この東京ラブストーリーは原作が柴門ふみ先生で、漫画が原作のようです。
最近はTVドラマを見る機会が減りましたが、興味のあるドラマがあれば予約をしておいて、面白ければ続けてみるようにしています。
時代の流れでしょうか、最近のドラマは昔のドラマと比べて1年もたたないうちに終わってしまうドラマが多いようです。
また、面白いドラマが出るのを、楽しみにしたいと思います

私が今まで見た中で一番印象が残っているのは東京ラブストーリーです。当時大人気だった織田裕二と鈴木保奈美がトレンチコートを着てドラマに出ている姿を見て、自分もいつか素敵なトレンチコートが似合うようになりたいと、考えたものでした。

また、鈴木保奈美のサラサラのストレートヘアも魅力的で、ストレートパーマが流行したものでした。また、有森也実演じる家庭的な関口さとみと、鈴木保奈美演じる元気で積極的な赤名リカの対照的な人物像もドラマを引き立て、織田裕二演じるカンチのイライラするほどの優柔不断さが、さらに面白くさせていたように思います。

当時の人気俳優が出ていたこともあり、視覚的にも憧れるドラマでしたし、会社勤めの設定で、わりと親近感が持てる内容だったこともあり、今でも印象に残っているドラマです。

また、赤名リカの生き生きとした姿や、仕事も恋も頑張る女性像は、働く女性にとってあこがれる存在でもありました。ドラマのシーンなどがよくTVで取り上げられたり、お笑い芸人が、カンチやリカをまねたりと、視聴率も高く、1年ほど続いた、皆が知るドラマでした。

この東京ラブストーリーは原作が柴門ふみ先生で、漫画が原作のようです。最近はTVドラマを見る機会が減りましたが、興味のあるドラマがあれば予約をしておいて、面白ければ続けてみるようにしています。時代の流れでしょうか、最近のドラマは昔のドラマと比べて1年もたたないうちに終わってしまうドラマが多いようです。

また、面白いドラマが出るのを、楽しみにしたいと思います

2014年1月18日

強烈な姉のエピソード

カテゴリー: 未分類 — tuboi osamu @ 4:59 AM
私は次女で姉が一人います。
私はA型なのですが、姉はB型なので性格が全然違うんですね。
どちらかというと、私はおとなしいねと言われがちなのですが姉は絶対そうは見られません。
サバサバ、ガツガツしているので助かることもあるのですが、外出先では時々恥ずかしい思いをします。
お店で食事をしていたりしても、すぐ何かあると店員さんに言ったりするんですよね。
あの肉とこの肉は種類が違うのか、とかいちいち聞かないで!ってことを普通に軽く聞いたりします。
聞くだけならまだましな方で、けっこう値段交渉も激しくて、特に値下げしてくれそうな家電量販店なんかへ行くと大変です。
とことん値切ろうとしますから、店員さんも困ってるのが良くわかります。
まあ、私のものを値切ってくれるのは、安くなる分にはこちらとしては助かるのですが、やりすぎ感があるので、ちょっと恥ずかしいですね。
そんな姉ですが、普通に優しいので好きですけどね。
私は母に似ているので、強烈な姉を私と同じようにたまに恥ずかしく思っているようです。
母からすれば、女の子でまだ良かったと言っています。
あれで男だったら、喧嘩ばかりしたり、大変だったのではないかと思います。
次女としては頼れる姉で何よりですが、外出先ではもう少しおとなしくしていてほしいものです。

私は次女で姉が一人います。私はA型なのですが、姉はB型なので性格が全然違うんですね。どちらかというと、私はおとなしいねと言われがちなのですが姉は絶対そうは見られません。

サバサバ、ガツガツしているので助かることもあるのですが、外出先では時々恥ずかしい思いをします。お店で食事をしていたりしても、すぐ何かあると店員さんに言ったりするんですよね。あの肉とこの肉は種類が違うのか、とかいちいち聞かないで!ってことを普通に軽く聞いたりします。

聞くだけならまだましな方で、けっこう値段交渉も激しくて、特に値下げしてくれそうな家電量販店なんかへ行くと大変です。とことん値切ろうとしますから、店員さんも困ってるのが良くわかります。まあ、私のものを値切ってくれるのは、安くなる分にはこちらとしては助かるのですが、やりすぎ感があるので、ちょっと恥ずかしいですね。

そんな姉ですが、普通に優しいので好きですけどね。私は母に似ているので、強烈な姉を私と同じようにたまに恥ずかしく思っているようです。母からすれば、女の子でまだ良かったと言っています。あれで男だったら、喧嘩ばかりしたり、大変だったのではないかと思います。

次女としては頼れる姉で何よりですが、外出先ではもう少しおとなしくしていてほしいものです。

2014年1月15日

やっぱり一風堂が最高です!

カテゴリー: 未分類 — tuboi osamu @ 8:00 PM
ラーメン屋といえば、一風堂がお気に入りです。
豚骨ラーメンというものを初めて知ったのも、一風堂でした。
二十歳位の時、友達が「美味しいラーメン屋があるから」、と連れて行ってくれたのは、恵比寿の一風堂でした。
私はそれまでは味噌ラーメンが好みで、味噌ラーメンばかり食べていたのですが、初めて豚骨ラーメンを食べて、こんなに美味しいラーメンがあるんだとビックリしました。
その後、吉祥寺近辺に住むようになり、吉祥寺の一風堂にしょっちゅう行くようになりました。
吉祥寺は他にも有名なラーメン屋が多く、お店も入れ替わり立ち替わりなのですが、一風堂は、基本的な味は変わらず、ラーメンが食べたい時に安心して食べられるお店です。
20代の頃は、赤丸+明太子ごはんが最高の組み合わせだと思って食べていましたが、30代になった今、赤丸はもたれる時があるような気がして、最近は白丸ばかりです。
白丸のあっさりとしたスープはしみじみ美味しく感じられます。
子供を連れていった所、ジュースのサービスをしてくれて、
意外に子連れに優しいお店なんだなと感じました。
子供も相当ラーメンが美味しかったのか、野生の動物のような目でラーメンをすすっていました。
最近は東京スカイツリーの中にも一風堂があるのを発見しました。
でも、一番美味しかったのは、福岡天神に出張の時に入った一風堂だったと思います。
本場はやっぱり麺の硬さやスープの温度など気を使っていて、きめ細やかな対応をしているなと感じました。

ラーメン屋といえば、一風堂がお気に入りです。豚骨ラーメンというものを初めて知ったのも、一風堂でした。二十歳位の時、友達が「美味しいラーメン屋があるから」、と連れて行ってくれたのは、恵比寿の一風堂でした。

私はそれまでは味噌ラーメンが好みで、味噌ラーメンばかり食べていたのですが、初めて豚骨ラーメンを食べて、こんなに美味しいラーメンがあるんだとビックリしました。その後、吉祥寺近辺に住むようになり、吉祥寺の一風堂にしょっちゅう行くようになりました。

吉祥寺は他にも有名なラーメン屋が多く、お店も入れ替わり立ち替わりなのですが、一風堂は、基本的な味は変わらず、ラーメンが食べたい時に安心して食べられるお店です。

20代の頃は、赤丸+明太子ごはんが最高の組み合わせだと思って食べていましたが、30代になった今、赤丸はもたれる時があるような気がして、最近は白丸ばかりです。白丸のあっさりとしたスープはしみじみ美味しく感じられます。

子供を連れていった所、ジュースのサービスをしてくれて、意外に子連れに優しいお店なんだなと感じました。子供も相当ラーメンが美味しかったのか、野生の動物のような目でラーメンをすすっていました。

最近は東京スカイツリーの中にも一風堂があるのを発見しました。でも、一番美味しかったのは、福岡天神に出張の時に入った一風堂だったと思います。本場はやっぱり麺の硬さやスープの温度など気を使っていて、きめ細やかな対応をしているなと感じました。

Powered by WordPress